×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク


各県のご当地ラーメン
北海道ラーメン
新潟ラーメン

栃木ラーメン
長野ラーメン
東京ラーメン







スポンサードリンク



近年ラーメンの分類というと、「しお」「しょうゆ」「みそ」「とんこつ」という4種類の分け方をされがちですが、まず「スープ」と「タレ」について理解しておくと、ラーメンをより楽しめるでしょう。


タレ

タレは、基本的に「しお」「しょうゆ」「みそ」の3種類があり、スープの味を決めます。「かえし」とも呼ばれます。



「みそ」はそれ自体の味が強く、スープの個性が出しにくい一方で、「しお」はスープのごまかしが効かないために、スープを味わいたい人には「しお」がおすすめとなります。


スープ

スープ(出汁)は、動物系、魚系、野菜等の色々な素材を煮込んで作られます。「とんこつベース」「鶏ガラベース」「魚介系ベース」といった分類をされます。

つまり、「とんこつスープのしょうゆ味」「魚介系スープのしお味」という言い方が本来の分類法となります。